料金
> 料金 > 大型・中型・準中型・牽引・大特コース

車両紹介―大型・中型・準中型・牽引・大特コース
教習料金入校についてお得な割引制度教育訓練給付金
大型自動車

普通車とどう違うの?

ブレーキの感覚がまったく違います。
死角も増え、交差点での歩行者などの視認など、注意するところが増えます。

・車両総重量 11トン以上
・最大積載量 6.5トン以上
・乗車定員 30人以上

中型自動車
従来の「準中型自動車」と「大型自動車」の中間の大きさにあたります。

・車両総重量 7.5トン以上11トン未満
・最大積載量 4.5トン以上6.5トン未満
・乗車定員  11人以上29人以下
準中型自動車
普通免許では車両総重量3.5トン未満・最大積載2トン未満の自動車を運転できますが、「準中型免許」は車両総重量7.5トン未満・最大積載4.5トン未満の自動車を運転することができま。
牽引自動車
牽引自動車である大型自動車、普通自動車、大型特殊自動車のいずれかで他の車を牽引するときは、牽引する自動車の種類に応じた免許のほか、牽引免許が必要です。
大型車トレーラーだけでなく、レジャーボートのけん引などでも必要になってくる事があります。
大型特殊自動車
大特免許はクレーン、ホイルローダー、フォークリフトなどの大型特殊車両を公道で運転することができる免許です。
また、大特免許を持っていると、フォークリフト運転技能教習の講習時間が短くなるというメリットがあります。